「 小説 」一覧

【読書】『ロボット・オペラ』ロボットをテーマにした分厚いSFアンソロジー

【読書】『ロボット・オペラ』ロボットをテーマにした分厚いSFアンソロジー

『バーナード嬢』の読んでない本を読んでいこうシリーズ、今回はSFアンソロジー『ロボット・オペラ』を読んだ。 本書はその時代...

記事を読む

【感想】劉慈欣『三体II:黒暗森林』大スケールの物語が尻上がりでテンションが上がっていく

【感想】劉慈欣『三体II:黒暗森林』大スケールの物語が尻上がりでテンションが上がっていく

劉慈欣『三体II:黒暗森林』を読んだ。発売直後に買って、ぐいぐい読ませる小説だっただけに読み終わったのはすぐだったのだが、スケールの大き...

記事を読む

【原作者によるノベライズと映画比較】『ランボー2』とノベライズを読み比べてみた

【原作者によるノベライズと映画比較】『ランボー2』とノベライズを読み比べてみた

前回は映画『ランボー』の原作、『一人だけの軍隊』を読んだが、今回は映画『ランボー2』の原作……ではなく、映画の脚本をもとに原作者デイヴィッド・マレルがノベライズした小説『ランボー2』を読んでみた。

記事を読む

【原作と映画比較】『ランボー』と原作『一人だけの軍隊』を読み比べてみた

【原作と映画比較】『ランボー』と原作『一人だけの軍隊』を読み比べてみた

せっかくランボー全5作を観終えたので、いきおいで原作小説も読んでみた。もう全作観たので流石にランボー弱者を名乗らなくてもいいだろう。...

記事を読む

【後半はネタバレ感想】清涼院流水『コズミック・ジョーカー』異常で異形のミステリ

【後半はネタバレ感想】清涼院流水『コズミック・ジョーカー』異常で異形のミステリ

『ド嬢』に出てきてまだ読んでない本を読んでいこうシリーズ、『死に山』の次は悪名高いミステリ小説、清涼院流水せいりょういんりゅうすいの『コ...

記事を読む

【感想】四元康祐『偽詩人の世にも奇妙な栄光』詩はどこから生まれてくるのか

【感想】四元康祐『偽詩人の世にも奇妙な栄光』詩はどこから生まれてくるのか

あまり熱心な読者ではなかったが私はこれでも子供の時から詩を読んできた。小学生の頃はマザーグースを読み、中学・高校生の頃は指輪物語など...

記事を読む

【感想】短編集『岸辺露伴は戯れない』

【感想】短編集『岸辺露伴は戯れない』

『岸辺露伴は叫ばない』に続いて同時発売された『岸辺露伴は戯れない』も積ん読からおろして読んだ。 『叫ばない』に比べると若干ホラーよりか...

記事を読む

【感想】短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』

【感想】短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』

発売日に買ったものの積ん読にしていた岸辺露伴主役の短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』を読んだ。 『岸辺露伴は動かない』という漫画『ジョジ...

記事を読む

盲目のロシア人日本文学者ワシリー・エロシェンコ

盲目のロシア人日本文学者ワシリー・エロシェンコ

「メクラでも目あきでも、どんな人間でも、ほんとうの幸福をえるには、自分の心から我をとり去って、他を愛する精神をもたなければなりません。」...

記事を読む

【感想】施川ユウキ『バーナード嬢曰く。5巻』

【感想】施川ユウキ『バーナード嬢曰く。5巻』

ついに『バーナード嬢曰く。』の5巻が出た。前巻の発売日が2018年7月27日だから、1年以上2年近く間が空いての新刊である。読者を焦らす...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク