「 小説 」一覧

アメコミヒーローの源流『べにはこべ』を読む

アメコミヒーローの源流『べにはこべ』を読む

1905年に出版されベストセラーになった『べにはこべ』を読んだ。この小説は現在のアメコミヒーローの源流のひとつとされているので一度読んでおくべきと思ったからだ。べにはこべとは小さな赤い花をつける野草で、この小説のヒーローのエンブレムとして使われている。

記事を読む

横山三国志の初期張飛のヒゲは資料がなかったからではない

横山三国志の初期張飛のヒゲは資料がなかったからではない

横山三国志は吉川英治の小説を下敷きにしている。吉川三国志を読んで張飛のヒゲは原作(吉川三国志)準拠の描写だとわかった。

記事を読む

ファンタジーのその後―『不思議の国の少女たち』

ファンタジーのその後―『不思議の国の少女たち』

「異世界から戻ってきた子供たちが通う寄宿舎」「異世界こそが故郷」「人はみな別々の物語を生きている」これらのキーワードに刺さるものがあったら、大丈夫、今すぐ本をカートに突っ込んでいい。これは現実以外の世界にのめり込んだことのある人、幻影の城主となることを望んだことのある人のための本だ。

記事を読む

深堀骨『人喰い☆頭の体操』

深堀骨『人喰い☆頭の体操』

深堀骨という小説家をご存知だろうか、というのは形式的な始め方で、皆さんの方に「知ってまーす」などという反応を期待しているわけではない。仮に知っていたとしても「知ってまーす」などとは絶対思わないだろう。そんな知る人ぞ知る作家が最近新作『人喰い☆頭の体操』を出した。

記事を読む

NO IMAGE

幻影の城主―江戸川乱歩における幻想の脆さ

江戸川乱歩は怪奇・幻想小説で有名だが、単純に幻想賛美だったり、幻想に浸りきった小説ばかりかというとそんなことはない。その一筋縄ではいかないところが乱歩の面白さではないだろうか。

記事を読む

世田谷文学館の筒井康隆展に行ってきた

世田谷文学館の筒井康隆展に行ってきた

筒井康隆展に行ってきた  本日、11月3日は私の誕生日です。だがそんなことはどうでもよろしい。世田谷文学館で開催されている筒井康隆展、...

記事を読む

NO IMAGE

SF作家ロバート・A・ハインラインは右翼なのか?

ハインラインの思想性について考えてみたい  「ハインラインはファシズムを肯定する右翼なのか」という論争があった。あったらしい。なにせ論争が...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク