【原作と映画比較】『スタンド・バイ・ミー』

【原作と映画比較】『スタンド・バイ・ミー』

映画『スタンド・バイ・ミー』はスティーブン・キングの中編『The Body』を映画化したもの。心に残る名作だと言われているが原作と比較するとどんな違いがあるのか。これは、原作と映画それぞれの良さについて考察するのと、キングの他作品とのつながりについて書いた記事だ

記事を読む

スパクロイベント「起死回生のシャア」(後)

スパクロイベント「起死回生のシャア」(後)

あらすじ デビルガンダムの前兆シャアの演説は世論を大きく動かしていた。そこへガンダムファイター、ドモン・カッシュがデビルガンダム...

記事を読む

スパクロイベント「起死回生のシャア」(前)

スパクロイベント「起死回生のシャア」(前)

2018年12月第3週のイベントはシャアとアムロを中心としたイベント。「起死回生のシャア」というタイトルは『逆襲のシャア』を意識したもの...

記事を読む

小川和也『大佛次郎の「大東亜戦争」』【感想】

小川和也『大佛次郎の「大東亜戦争」』【感想】

個人的な問題意識――近代日本文学と国家との関わり 第二次世界大戦にともなって「日本文学報国会」なんて団体が作られ、多くの文学者が参加させ...

記事を読む

【原作と映画比較】『刑務所のリタ・ヘイワース』『ショーシャンクの空に』

【原作と映画比較】『刑務所のリタ・ヘイワース』『ショーシャンクの空に』

有名な映画『ショーシャンクの空に』にはスティーブン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』を映画化したもの。かなり忠実な映画化だが原作小説と映画では結構な違いがある。例えば原作ではブルックスはほとんど描写されないキャラだとか。この記事では原作小説と映画を比較して両者の異なる構造はメディアの特性に由来しているのではと考察する。

記事を読む

アメコミヒーローの源流『べにはこべ』を読む

アメコミヒーローの源流『べにはこべ』を読む

1905年に出版されベストセラーになった『べにはこべ』を読んだ。この小説は現在のアメコミヒーローの源流のひとつとされているので一度読んでおくべきと思ったからだ。べにはこべとは小さな赤い花をつける野草で、この小説のヒーローのエンブレムとして使われている。

記事を読む

スパクロラインバレルイベント「鉄の勇者」

スパクロラインバレルイベント「鉄の勇者」

2018年12月第二週のスパクロイベントはラインバレルのシナリオ。新規参戦の勇者エクスカイザー、正式参戦のギャバンとのクロスオーバーイベントで、宇宙警察カイザーズと宇宙刑事ギャバンが共闘、さらに正義の味方ということで浩一も絡んでいくというスパロボの「面白さ」が端的に現れたイベントだったと言えるだろう。

記事を読む

スパクロイベントシナリオ「暗躍する『影』」

スパクロイベントシナリオ「暗躍する『影』」

2018年12月第一週のスパクロイベントはソウルゲインとヴァイサーガが目玉ということで、スパロボAの後日談と思われるシナリオだった。しかし実質の主人公は破嵐万丈。

記事を読む

ディアルディスプレイ時のペンタブ設定について

ディアルディスプレイ時のペンタブ設定について

デュアルディスプレイにしたらペンタブがずれる PCとテレビをつないでデュアルディスプレイ環境を作った。これで資料などを見つつ作業ができる...

記事を読む

横山三国志の初期張飛のヒゲは資料がなかったからではない

横山三国志の初期張飛のヒゲは資料がなかったからではない

横山三国志は吉川英治の小説を下敷きにしている。吉川三国志を読んで張飛のヒゲは原作(吉川三国志)準拠の描写だとわかった。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク