「 小説 」一覧

【感想】四元康祐『偽詩人の世にも奇妙な栄光』詩はどこから生まれてくるのか

【感想】四元康祐『偽詩人の世にも奇妙な栄光』詩はどこから生まれてくるのか

あまり熱心な読者ではなかったが私はこれでも子供の時から詩を読んできた。小学生の頃はマザーグースを読み、中学・高校生の頃は指輪物語など...

記事を読む

【感想】短編集『岸辺露伴は戯れない』

【感想】短編集『岸辺露伴は戯れない』

『岸辺露伴は叫ばない』に続いて同時発売された『岸辺露伴は戯れない』も積ん読からおろして読んだ。 『叫ばない』に比べると若干ホラーよりか...

記事を読む

【感想】短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』

【感想】短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』

発売日に買ったものの積ん読にしていた岸辺露伴主役の短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』を読んだ。 『岸辺露伴は動かない』という漫画『ジョジ...

記事を読む

盲目のロシア人日本文学者ワシリー・エロシェンコ

盲目のロシア人日本文学者ワシリー・エロシェンコ

「メクラでも目あきでも、どんな人間でも、ほんとうの幸福をえるには、自分の心から我をとり去って、他を愛する精神をもたなければなりません。」...

記事を読む

『都筑道夫のミステリイ指南』と『新吼えろペン』―連載は竜頭蛇尾でいい論

『都筑道夫のミステリイ指南』と『新吼えろペン』―連載は竜頭蛇尾でいい論

推理作家の都筑道夫が書いた小説指南書『都筑道夫のミステリイ指南』を読んでいたら、以下の部分を読んであっとなった。 昔、エンタテインメントの...

記事を読む

【Kindle Unlimitedおすすめ小説】『小説版ドラえもんのび太と鉄人兵団』

【Kindle Unlimitedおすすめ小説】『小説版ドラえもんのび太と鉄人兵団』

Kindle Unlimitedにのび太と鉄人兵団のノベライズが来てるのを発見して、実本でも読んだけどFireタブで再読してしまった。 ...

記事を読む

【原作と映画比較】ゴールデンボーイ

【原作と映画比較】ゴールデンボーイ

 前回はスタンド・バイ・ミーについて比較したが、今回は『ゴールデンボーイ』(原題:APT PUPIL。出来の良い生徒、というような意味)を取...

記事を読む

【原作と映画比較】『スタンド・バイ・ミー』

【原作と映画比較】『スタンド・バイ・ミー』

映画『スタンド・バイ・ミー』はスティーブン・キングの中編『The Body』を映画化したもの。心に残る名作だと言われているが原作と比較するとどんな違いがあるのか。これは、原作と映画それぞれの良さについて考察するのと、キングの他作品とのつながりについて書いた記事だ

記事を読む

【原作と映画比較】『刑務所のリタ・ヘイワース』『ショーシャンクの空に』

【原作と映画比較】『刑務所のリタ・ヘイワース』『ショーシャンクの空に』

有名な映画『ショーシャンクの空に』にはスティーブン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』を映画化したもの。かなり忠実な映画化だが原作小説と映画では結構な違いがある。例えば原作ではブルックスはほとんど描写されないキャラだとか。この記事では原作小説と映画を比較して両者の異なる構造はメディアの特性に由来しているのではと考察する。

記事を読む

アメコミヒーローの源流『べにはこべ』を読む

アメコミヒーローの源流『べにはこべ』を読む

1905年に出版されベストセラーになった『べにはこべ』を読んだ。この小説は現在のアメコミヒーローの源流のひとつとされているので一度読んでおくべきと思ったからだ。べにはこべとは小さな赤い花をつける野草で、この小説のヒーローのエンブレムとして使われている。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク