「 読書 」一覧

NO IMAGE

今週読んだ本―民俗学ミステリとか疑似科学ミステリとか逆説ミステリとか

清水朔『奇譚蒐集録―北の大地のイコンヌㇷ゚―』 大正時代、「人鬼」と呼び伝えられる超能力者についての伝承を蒐集している帝大の臨時学者、...

記事を読む

NO IMAGE

今週読んだ本―スターウォーズとか怖いへんないきものとか

高橋ヨシキ『スター・ウォーズ 禁断の真実』 『ファントム・メナス』から『最後のジェダイ』まで外伝映画を含めて考察していった本。 『ス...

記事を読む

【後半はネタバレ感想】清涼院流水『コズミック・ジョーカー』異常で異形のミステリ

【後半はネタバレ感想】清涼院流水『コズミック・ジョーカー』異常で異形のミステリ

「壁本」という言葉をご存知だろうか。「読んだ後壁に叩きつけたくなるほど酷い本」という意味で、主にミステリ界隈で使われる用語なのだが、本書『コズミック』は壁本の代表的な例と言われている。その悪評は読んでいない自分も知っていていつか読まなきゃなぁくらいの気持ちでいたのだが『ド嬢』をきっかけに読んでみることにした。

記事を読む

【読書】ドニー・アイカー『死に山:世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相』

【読書】ドニー・アイカー『死に山:世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相』

『ド嬢』に出てきてまだ読んでない本を読んでいこうと思う。最初は『死に山』から 1959年の冬、ウラル工科大学の学生たちがウ...

記事を読む

イランで生まれた新宗教バハイ教について調べてみた

イランで生まれた新宗教バハイ教について調べてみた

先日エロシェンコの本を読んでいた時、彼が引用したバハイ教の経典とやらが訳注にイランで生まれたイスラム教の新興宗教と書かれていて気になった。イ...

記事を読む

【読書】マーク・R. マリンズ『メイド・イン・ジャパンのキリスト教』

【読書】マーク・R. マリンズ『メイド・イン・ジャパンのキリスト教』

なぜキリスト教は日本に根づかなかったんだろうか、開国後の日本にとって西洋の先進的な文化の一つとして受容されてもおかしくなかったのに、とい...

記事を読む

【読書】モハメド・オマル・アブディン『わが盲想』来日した盲目のスーダン人による傑作エッセイ

【読書】モハメド・オマル・アブディン『わが盲想』来日した盲目のスーダン人による傑作エッセイ

前にエロシェンコの記事でちょっと触れたが、単独の紹介記事も書いてみる。 この本は19歳の時にスーダンから来日した盲人モハメド・オマ...

記事を読む

【読書】高野秀行『アヘン王国潜入記』ミャンマーはワ州、世界最大の麻薬製造地帯へと

【読書】高野秀行『アヘン王国潜入記』ミャンマーはワ州、世界最大の麻薬製造地帯へと

高野秀行『アヘン王国潜入記』は、かつてゴールデン・トライアングルと言われていたケシの名産地帯にあるミャンマーのワ州に著者が身一つで渡り、現地のムイレ村というところに7ヶ月も住み込んで、ケシの種まきからアヘンを作るまでを実際に体験してみたというルポルタージュである。これがとても勉強になり、面白い。

記事を読む

【読書】瀬戸賢一『書くための文章読本』同じ語尾を繰り返す文章を避けるテクニックを学べる

【読書】瀬戸賢一『書くための文章読本』同じ語尾を繰り返す文章を避けるテクニックを学べる

一般に文頭と文尾ではどちらが重要でしょうか。文頭と思っていませんか。それは間違いです。力点が置かれるのは圧倒的に文末です。そこは文が...

記事を読む

『都筑道夫のミステリイ指南』と『新吼えろペン』―連載は竜頭蛇尾でいい論

『都筑道夫のミステリイ指南』と『新吼えろペン』―連載は竜頭蛇尾でいい論

推理作家の都筑道夫が書いた小説指南書『都筑道夫のミステリイ指南』を読んでいたら、以下の部分を読んであっとなった。 昔、エンタテインメントの...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク