「 banka 」一覧

【感想】ランボー弱者が『ランボー』を観てみた記事ーこの映画では暴力は事態の解決を招かない

【感想】ランボー弱者が『ランボー』を観てみた記事ーこの映画では暴力は事態の解決を招かない

シルベスター・スタローンの代表作と言ったら『ロッキー』と『ランボー』。しかし筆者は『ロッキー』は観ているが『ランボー』シリーズは一つも観たことがない、いわばランボー弱者だ。そこで『ランボー』シリーズの最新作『ランボー ラスト・ブラッド』が公開されてる今が丁度いい機会なのではないかと思いシリーズを全部観ていく事にした。

記事を読む

【感想】四元康祐『偽詩人の世にも奇妙な栄光』詩はどこから生まれてくるのか

【感想】四元康祐『偽詩人の世にも奇妙な栄光』詩はどこから生まれてくるのか

あまり熱心な読者ではなかったが私はこれでも子供の時から詩を読んできた。小学生の頃はマザーグースを読み、中学・高校生の頃は指輪物語など...

記事を読む

【読書】ドニー・アイカー『死に山:世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相』

【読書】ドニー・アイカー『死に山:世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相』

『ド嬢』に出てきてまだ読んでない本を読んでいこうと思う。最初は『死に山』から 1959年の冬、ウラル工科大学の学生たちがウ...

記事を読む

イランで生まれた新宗教バハイ教について調べてみた

イランで生まれた新宗教バハイ教について調べてみた

先日エロシェンコの本を読んでいた時、彼が引用したバハイ教の経典とやらが訳注にイランで生まれたイスラム教の新興宗教と書かれていて気になった。イ...

記事を読む

【読書】マーク・R. マリンズ『メイド・イン・ジャパンのキリスト教』

【読書】マーク・R. マリンズ『メイド・イン・ジャパンのキリスト教』

なぜキリスト教は日本に根づかなかったんだろうか、開国後の日本にとって西洋の先進的な文化の一つとして受容されてもおかしくなかったのに、とい...

記事を読む

【読書】モハメド・オマル・アブディン『わが盲想』来日した盲目のスーダン人による傑作エッセイ

【読書】モハメド・オマル・アブディン『わが盲想』来日した盲目のスーダン人による傑作エッセイ

前にエロシェンコの記事でちょっと触れたが、単独の紹介記事も書いてみる。 この本は19歳の時にスーダンから来日した盲人モハメド・オマ...

記事を読む

NO IMAGE

「文化の盗用」問題は権益をよこせという要求なのかもしれない

「文化の盗用」というニュースが時々話題になる。そしてその度にほとんどの日本人は「それってなにか悪いの?」と疑問に思う。 文化の盗用が問題に...

記事を読む

【感想】短編集『岸辺露伴は戯れない』

【感想】短編集『岸辺露伴は戯れない』

『岸辺露伴は叫ばない』に続いて同時発売された『岸辺露伴は戯れない』も積ん読からおろして読んだ。 『叫ばない』に比べると若干ホラーよりか...

記事を読む

【感想】短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』

【感想】短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』

発売日に買ったものの積ん読にしていた岸辺露伴主役の短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』を読んだ。 『岸辺露伴は動かない』という漫画『ジョジ...

記事を読む

盲目のロシア人日本文学者ワシリー・エロシェンコ

盲目のロシア人日本文学者ワシリー・エロシェンコ

「メクラでも目あきでも、どんな人間でも、ほんとうの幸福をえるには、自分の心から我をとり去って、他を愛する精神をもたなければなりません。」...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク