【原作者によるノベライズと映画比較】『ランボー2』とノベライズを読み比べてみた

【原作者によるノベライズと映画比較】『ランボー2』とノベライズを読み比べてみた

前回は映画『ランボー』の原作、『一人だけの軍隊』を読んだが、今回は映画『ランボー2』の原作……ではなく、映画の脚本をもとに原作者デイヴィッド・マレルがノベライズした小説『ランボー2』を読んでみた。

記事を読む

【原作と映画比較】『ランボー』と原作『一人だけの軍隊』を読み比べてみた

【原作と映画比較】『ランボー』と原作『一人だけの軍隊』を読み比べてみた

せっかくランボー全5作を観終えたので、いきおいで原作小説も読んでみた。もう全作観たので流石にランボー弱者を名乗らなくてもいいだろう。...

記事を読む

NO IMAGE

今週読んだ本―民俗学ミステリとか疑似科学ミステリとか逆説ミステリとか

清水朔『奇譚蒐集録―北の大地のイコンヌㇷ゚―』 大正時代、「人鬼」と呼び伝えられる超能力者についての伝承を蒐集している帝大の臨時学者、...

記事を読む

NO IMAGE

今週読んだ本―スターウォーズとか怖いへんないきものとか

高橋ヨシキ『スター・ウォーズ 禁断の真実』 『ファントム・メナス』から『最後のジェダイ』まで外伝映画を含めて考察していった本。 『ス...

記事を読む

【後半はネタバレ感想】清涼院流水『コズミック・ジョーカー』異常で異形のミステリ

【後半はネタバレ感想】清涼院流水『コズミック・ジョーカー』異常で異形のミステリ

「壁本」という言葉をご存知だろうか。「読んだ後壁に叩きつけたくなるほど酷い本」という意味で、主にミステリ界隈で使われる用語なのだが、本書『コズミック』は壁本の代表的な例と言われている。その悪評は読んでいない自分も知っていていつか読まなきゃなぁくらいの気持ちでいたのだが『ド嬢』をきっかけに読んでみることにした。

記事を読む

【ネタバレ感想】ランボー弱者が『ランボー ラスト・ブラッド』を観てみた記事―ランボーが生きているのは地獄だった

【ネタバレ感想】ランボー弱者が『ランボー ラスト・ブラッド』を観てみた記事―ランボーが生きているのは地獄だった

前回まででようやっと過去四作を観れたので、劇場へ行って『ランボー ラスト・ブラッド』を観てきた。流石にこの状況だけあって席を一つ開ける座...

記事を読む

【感想】ランボー弱者が『ランボー 最後の戦場』を観てみた記事―このシリーズは本来このくらいの情景(グロさ)のはず

【感想】ランボー弱者が『ランボー 最後の戦場』を観てみた記事―このシリーズは本来このくらいの情景(グロさ)のはず

前回に引き続き4作目を観ていく。 前作から20年ぶりに作られたようだが、『3』の全然しまってない終わり方で全然続編が出てなかったの...

記事を読む

【感想】ランボー弱者が『ランボー3 怒りのアフガン』を観てみた記事―悪い意味で普通の映画になってしまった感じ

【感想】ランボー弱者が『ランボー3 怒りのアフガン』を観てみた記事―悪い意味で普通の映画になってしまった感じ

また前回に引き続き『ランボー3』を観ていくわけだがまたしてもあらすじに引っかかるところを発見する。 仏教寺院で暮らすランボーは...

記事を読む

【感想】ランボー弱者が『ランボー2 怒りの脱出』を観てみた記事―続編としてはそれなりに納得

【感想】ランボー弱者が『ランボー2 怒りの脱出』を観てみた記事―続編としてはそれなりに納得

前回初代『ランボー』を観たのでその続き。 ……を見ようとしてアマゾンのあらすじでさっそくつまづいた。 ランボーは行方不明...

記事を読む

【感想】ランボー弱者が『ランボー』を観てみた記事―この映画では暴力は事態の解決を招かない

【感想】ランボー弱者が『ランボー』を観てみた記事―この映画では暴力は事態の解決を招かない

シルベスター・スタローンの代表作と言ったら『ロッキー』と『ランボー』、後ちょっと下がって『エクスペンダブルズ』?。これは誰もが知っている...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク