スパクロパトレイバーイベントシナリオ「二課とソリスの長い一日」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パトレイバー×スパロボオリジナル

 今回のシナリオは機動警察パトレイバーとスパクロオリジナルのソリスのクロスオーバーイベント。内容としては劇パトをなぞるものだが、ソリスキャラの掘り下げにもなっていて良かった。

ソリスと特車二課が合同演習

 新型OS「HOS」1)Hyper Operating System パトレイバー劇場版一作目に登場の性能を確かめるため特車二課とソリスが合同演習をすることになった。

 上司にハインヘルムにもHOSを載せろと言われたグーニラ博士はご立腹。

 泉野明は98式、香貫花は零式に乗り演習に望むが、OSをHOSに変えたはずの98式に普段と変化がない。不審に思った遊馬はシゲさんに相談するが、不審な動きをしているわけではないということで後藤隊長は訓練を続けさせることに。

スパクロシナリオ画面

技術者同士親しく話すシゲさんとグーニラ博士。おやっさんは演習に来ていないので不在。

暗雲が立ち込める(物理)

スパクロシナリオ画面

訓練中雑談するパイロットたち。
スパクロ世界には宇宙刑事がいるんだよなぁ……

 この訓練には金食い虫などと厳しい目で見られている特車二課が真面目にやっているというアピールをする意味もあるとか。ソリスってCMやらアイドル活動やら公に開かれたイベントによく参加しているイメージがあるが火星の事件の調査組織である前になんらかの広報団体なんじゃないかという気がしてきた。

 訓練後データを持ってどこかへ行く後藤隊長。特車二課の面々にソリスの施設の中を案内するエーメル。グーニラ博士は訓練中様子がおかしかったフローリアに何かあったのかと質問するが「HOSが私様と合わなかっただけ」と答えられる。

台風接近

 夜が明けると台風のせいで朝から強風が吹いていた。この風で潰れちゃうんじゃないかと建設途中で放置されている近くの洋上プラントの話題を出すグーニラ博士。ここは劇パト見てればああくるかとなるシーンですね。

 嵐になる前に今日の予定をすませようという後藤隊長。他のメンバーがいなくなった後、博士は後藤隊長になにか確かめたいことがあるんですかと尋ねる。

スパクロシナリオ画面

二人はもうHOSについて何か掴んでいるようだ

 嵐の接近で今日の訓練は終わりになったが、突然香貫花の乗る零式のコントロールが効かなくなった。暴走する零式をエーメルはハインヘルムで取り押さえようとするが力負けしてしまう。レイバーってスペック的にかなり弱い部類のロボットだと思うんですがハインヘルムってそんなに強くないのか?

 フローリアは零式の脚部を狙撃して動きを封じようとするが失敗してしまう。森の中へ姿を消す零式。そこへ周辺のHOS搭載訓練機が一斉に暴走したと連絡が入り一同に衝撃が走る。

低周波による暴走

 後藤隊長は最初からHOSが怪しいと思っていた。今回の訓練は市街地から隔離された島で暴走のトリガーになる物がなんなのか確定させる狙いもあったようだ。これまでにもHOSの暴走事故は何件か起きていたが発生条件はわかっていなかった。しかし今回一斉に暴走したことから、HOS搭載機の鋭敏なセンサーが感知する低周波に原因があることがわかった。その低周波は吹き抜けのビルや工事現場、地下施設の通風孔などで発生しやすい。

 しかし、狭い範囲で低周波が発生しても広域での一斉暴走は起こらない。台風による強風がトリガーとなる低周波を生み出し、共鳴現象を起こして広域に広がっていくのだ。このあたりの展開は劇パトの原作再現ですね。

 台風が首都圏を直撃したら運用されているHOS搭載機、HOSに仕込まれていたウィルスに汚染されたレイバーが一斉に暴走をはじめてしまう。低周波の発生源を破壊しなければいけない。このシナリオでは洋上プラントをなんとかすることで、HOSの危険性と対策を示す成功事例を作り、上を説得して原作の「方舟」2)バビロンプロジェクトの要となるレイバー用海上プラットホーム。劇場版パトレイバーを参照に対処しようという風になってますね。

 強風のため洋上プラントに近づけないので狙撃によってプラントを破壊することに。そして狙撃が可能な武器は一発撃ったら壊れる試作品が一丁のみ。しかし狙撃するにも98式もハインヘルムもHOSによって汚染されているのでは?

廃墟プラントを狙撃せよ

スパクロシナリオ画面

ディスケット=フロッピーディスク
ハインヘルムもフロッピーディスク使ってるんだろうか……

 実は98式にもハインヘルムにもHOSは搭載されていなかった。HOSを怪しんでいた後藤隊長はシゲさんに頼んで書き換えるフリをしただけ、動きに変化がなかったのも当たり前である。ハインヘルムもHOSを入れたのは訓練機だけ。HOSを積んでいない機体だけで性能を試す訓練をしていたことになる。……じゃあなんでフローリアは動きが悪かったんだろう?

スパクロシナリオ画面

 フローリアは正規パイロットの座をオリーブたちから奪ってしまったにも関わらず、最近力を発揮できていないことに悩んでいた。そんな彼女を励ますグーニラ博士。以前はソリスはソリスだけでシナリオを作っていましたが、最近版権作品と絡むことでキャラクターの掘り下げに成功していると思います。この後のグーニラ博士と後藤隊長の会話もいい。原作では出会わなかったキャラクターが会うことで原作を再現しつつキャラクターの様々な面を見せるのがスパロボの醍醐味ですが、ソリスシナリオも版権と絡むことでスパロボらしくなってきました。

特車二課とソリスの夜

 気負わず自分が自分の戦いをすることを気付かされ狙撃を成功させるフローリア。しかし、低周波がなくなっても暴走した機体は物理的に阻止されるか燃料切れするまで止まらない。香貫花を助けるために零式の首の後ろにあるメモリーを破壊する必要がある。野明はエーメルとフローリアと協力し、香貫花の救出に成功する。

 訓練島での暴走事故は収まったが、事件がすべて解決したわけではない。他の地区での暴走の後始末に特車二課は駆り出されるのだった。

脚注   [ + ]

1. Hyper Operating System パトレイバー劇場版一作目に登場
2. バビロンプロジェクトの要となるレイバー用海上プラットホーム。劇場版パトレイバーを参照
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク