スパクロティラミス×ソリスイベント「BY NECESSITY」

ナイアーラの前説

 12月第4週のスパクロシナリオはソリスのメンバーと宇宙戦艦ティラミスのイベント。ティラミスは参戦するという宣言からずいぶん待たされたがようやくイベントに登場してくれた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ

A COINCINENCE

録画を気にするスバル

 宇宙暦0156年、ワームホールからワープ航法に入ろうとしていた戦艦ティラミスはケリュケイオンによる強襲を受けていた。(録画し忘れと火の元の始末を気にしながら)戦うスバルとイスズの兄弟。だがふたりはワームホールに飲み込まれ別の時空に転移してしまう。

アポロたちの留守を守るゲイナー

 一方、遺跡でアスハムと戦うゲイナーとゲインだったが、彼らもワームホールによって別の時空に転移してしまう。

 そしてまた一方、ソリスは火星に向かう途中で補給のためにコロニーを訪れていた。オリーブとのデート権に釣られたカタリーナとエーメルは、巫女服姿で地球連邦軍の兵士相手にソリス煎餅やらソリス饅頭やらを売るバイトをすることに。順調に嗜好品を売りさばく二人だったが、そこへスバルとイスズ、ゲイナーとアスハムが転移してきた。

JOIN IN

イスズとアスハムの喧嘩

なんという低レベルな口喧嘩

 この世界のことを知りたいと喧嘩しながらニコラを連れ去るイスズとアスハム。「私を助けたほうにオリーブ君とのデート権をやるぞおおお!」とニコラは言い残して拉致されてしまった。残されたゲイナーたちはニコラの後を追おうとするがスバルの様子がおかしくなり……。

LOST COCKPIT

喜びと背徳感で揺れ動くスバル

 コックピット依存症による禁断症状を発症したスバル。とりあえずマッサージチェアに座らせられたことで少し安定したが長くもつものではない。緊急避難ということでエーメルはスバルをハインヘルム改に乗せてあげようとするがグーニラ博士に止められる。事情を説明すると、デュランダルとキングゲイナーもまた格納庫に飛ばされてきていたようだ。

ケリュケイオンの腕を壊そうとするイスズ

 一方イスズとアスハムはすっかり意気投合していたが、イスズが回収したアスハムのゴレームの腕を思い切りぶつけてしまったことから再び争い始めてしまう。ついに癇癪を興したイスズはこれでおあいこだと自分で自分のケリュケイオンの腕を壊してしまう。二機とも戦えなくなってしまったところにスバルたちが現れた。

FOUL PLAY

キラに鍵を見なかったか聞くイスズ

あらすじでは書きそびれたけどキラさんもいるんですよ今回のイベント

 一緒に元の世界に帰る方法を探そうというスバルを拒絶するイスズ。ケリュケイオンに乗ってその場を立ち去ろうとするが、ケリュケイオンを起動する鍵をなくしてしまったと騒ぎ出す。一同で探した結果、カタリーナが鍵を見つけ出す。鍵と交換でニコラを引き渡したイスズは、再びニコラをさらおうとケリュケイオンを起動させようとするが鍵が一致しない。

イスズ「なるほどそれが本物か…」

 卑怯にもケリュケイオンの鍵とエーメルのロッカーの鍵をすり替えて渡していたカタリーナ。しかし勝ち誇ってカタリーナが見せたケリュケイオンの鍵をイスズは目にも留まらぬ速さで奪い取る。しかし、その時急にコロニーに振動が走り……。

CLOSE COMBAT

スバルの独白

 コロニーを襲いにメガノイドが攻撃してきた。ソリスとスバル、ゲイナーたちは四方八方から押し寄せる敵を迎撃するが、それは囮だった。内部に侵入したソルジャーはグーニラ博士たちをさらっていこうとするが、イスズとアスハムの手によって阻まれる。

イスズ「内部の敵は俺たちに任せておけ」

FLY IN SPACE

いつもと違う感覚をもつスバル

 デュランダルで戦うスバルだがいつもよりデュランダルが軽いように感じていた。それはスバルの後ろを守るゲイナーの存在がそうさせているのか、キラやソリスたちが援護してくれるからか、わからないがスバルは確かな高揚感を覚えていた。

 戦闘終了後、アスハムとイスズがこの世界の技術を知るという目的を果たすヒマもなく彼らの体が輝き出した。元の世界に帰る前兆だ。別れの挨拶を交わし光りに包まれる一行。光が消えるとスバルたちは姿を消していた。

 元の遺跡に帰ったゲイナーとアスハム。しかしゲインはお前たちずっとここにいただろうと不思議がる。確かにこの遺跡は突然輝いたがそれだけで終わったというのだ。自分たちは遺跡の力で眠らされていたのかと言うゲイナー。

スバル「幻って…あんなにはっきりしていたのに」

 宇宙戦艦ティラミス周辺に場面は移り、スバルとイスズも戻っていた。自分で壊したはずのケリュケイオンの腕が何もなかったかのように直っていることをいぶかしむイスズ。あれは幻だったのだろうか? スバル・イチノセは居心地の悪さを感じる戦艦ティラミスへと帰ってきた。だが、そんな彼は少しだけ心地よさも感じていたのだった。

 一方途中で出撃したおかげでデート権もなくなったと落ち込むカタリーナとエーメル。そこへオリーブがニコラから渡されたという三枚の映画のチケットを持ってやってきた。カタリーナとエーメルは喧嘩しつつ三人で映画に行くのだった。

感想

 ギャグイベントのあらすじを書くほど難しく虚しいことはないですね。いや面白くなかったわけじゃないんですけど。ティラミスは別世界からワープしてきてイベントが終わると帰るだけの扱いですし。普通のソシャゲのコラボイベントってこんな感じなのかもしれないけどスパロボだとちょっと物足りない気持ちがある。

 でもまあこの画像は使えるかもしれない。

イスズ「もー!これ、絶対ダメなやつじゃん!」

 後、イスズとアスハムのコンビはノリが不思議とあってて良かったですね。

アスハム「気にするな、いっくん大佐」

原作が見れる動画配信サービス

宇宙戦艦ティラミス・宇宙戦艦ティラミスⅡはDアニメストアで見放題、ビデオマーケットとアマゾンプライムビデオでレンタル視聴できる(2019年1月現在)。
アニメの配信サービスはDアニメストアが強いので入会をオススメします。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク